カテゴリメニュー(Contents)

2009年03月05日

軌道桁の量産

ドリーム交通モノレール0032.jpg

いよいよ始まりました。
支承の量産は自分では出来ないため専門業者に委託。
橋脚のレジンコピーについては本日、レジンキャスティングとシリコンゴムの材料が届きました。
本格的な作業は休日でしか行えないため、今は木材の削り出しを少しずつ行っています。

この木材、買った後で気がついたのですが、なんと「桐」…
ずいぶんと豪華なモノレールになりそうです…ww

2009年03月06日

自分には無理ですが

こんなリアルなジオラマがあったらすごいです。ww

miniture1.jpg

miniture2.jpg

miniture3.jpg

miniture4.jpg

miniture5.jpg

miniture6.jpg

miniture7.jpg


すべて実写の景色をジオラマっぽく加工してみたもので、
ちょっとしたブレイク(小休止)です。m(_ _)m

【追記】
上のモノレールの写真、自分が偶然残したたった2枚のドリームランドのモノレールの写真です。
あの時もう少し興味を持っていたらなぁ…
posted by Wada at 09:58| Comment(0) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりのゴム型とり

橋脚をレジンキャスティングするため、原型をシリコンゴムで型取りします。

ドリーム交通モノレール0033.jpg
最近は便利なツールが色々販売されているのですね。
型取り専用のブロックが売られていて、値段も結構お手頃でした。
型枠を作るためにLEGOを使っていたら大変…

しかし…

もうすっかり感覚を忘れています。
案の定、段取りのミスで1発目は失敗しました。

ドリーム交通モノレール0034.jpg

この中でいま、長い方の橋脚が型取りされています。
偶然にもブロックは21段積み。なんだかホテルエンパイアっぽく見えてきました。ww

【追記】
犬山のモノレール、車両が生まれ故郷の笠戸と犬山の両方で保存されることになったそうですね。
(元記事)

2009年03月08日

レールの加工

橋脚の型枠作りをしながら軌道桁の切り出しや曲げ加工を進めています。
どちらも思いのほかてこずっています。

ドリーム交通モノレール0035.jpg

カーブレールは一応カントをつけてあるのですが、わかりずらいですね…
この方法が一番良いとは言えませんが、代案が見つからない段階ではこのまま進めて行きます。

2009年03月13日

くうぅぅ…

レジンコピーがはじまりました。

ドリーム交通モノレール0036.jpg

正直言って…
ずいぶん時間がかかって、やっとコレが一発目のパーツです。
「型を取る」ことが、目的とする形状の周りの空間を形にする作業と言うことで、これにはかなり「慣れ」が必要だと感じました。
ここまでくると紙工作で車体を作れば終わりって概念はとうに忘れ去り、とっぷりモノ作りにはまっています。

…これで4月までに間に合うのだろうか…

…多分、間に合わないでしょう…

ま、出来るだけの事をやって、最後は木のレールの上を走らせて「お披露目」してくるかと思います。
こちらのモノ作りはマイペースで続けてまいります。

いやはや…
奥が深い…☆

2009年03月18日

少しずつ…

少しずつゴム型を増やし、時間のあるときにレジンの注入を行っています。

ドリーム交通モノレール0037.jpg

今回、カーブレール用にプラ板から軌道桁のマスターも作ってみました。
これをゴム型に取り、思った形に変形させて型抜きができるのかどうか、まだ少し準備が必要な状況です。

橋脚は、中サイズの長さについては型抜きも底面仕上げもとりあえず目処が立ちましたが、長い橋脚の底面仕上げのためにも、ある程度の固定台を作る必要があるみたいです。

ドリーム交通モノレール0038.jpg

とり急ぎ出来上がった部品を並べてみるとこんな感じです。
雰囲気として、これが建設中に見えるのか、撤去中に見えるのか…
橋脚が真っ白なので、まずは建設中って事でひとつヨシナに…m(_ _)m

2009年03月20日

役者が揃いました

ドリーム交通モノレール0039.jpg

外注に出していた支承の部品が届き、早速穴あけ加工などを済ませました。
加工作業中に次々と注型を進め、さらに出来上がった部品のバリ取りや穴あけ、ネジ切りなどの加工を進めています。
とりあえず必要な材料はおおかた揃い、ひたすら加工作業を続けます。
ある程度の加工が終えた時点で軌道桁のとりまとめと暫定車体の製作に取り掛かります。

軌道桁の曲げ加工の問題は今回は持ち越しかな…
塗装もかなり先になりそうです。

2009年03月22日

並べてみました

単純に、ただ並べて置いてみただけです。

ドリーム交通モノレール0040.jpg

桁の加工がまだ行程が残っているため接続された状態ではありませんが、少しでも雰囲気を味わいたくて写真を撮ってみました。

少し角度を変えてもう一枚…

ドリーム交通モノレール0041.jpg

建設中の時はこの上を歩かれた方もいることでしょう…
結構スリリングに思えます☆

2009年03月27日

木から作った木(軌)道桁

毎日少しずつ作っています。
ドリーム交通モノレール0042.jpg


過去にテストランをした軌道桁とは別に、すべて250mmのレールで作っています。
レールを切ったり…
穴を開けたり…
電車線(鋼体架線部分)を取付けたり…

ドリーム交通モノレール0043.jpg
※※ちなみに前回の写真とあまり変化がないように見えますが、実は前回は橋脚の上に軌道桁を乗せただけ。
そして今回の写真は橋脚と軌道桁同士を接続させた状態なのでありますです、ハイ。※※



少しずつですが、モノレールが走る環境が整って来ましたので、
数日中には暫定車体の製作に移行できそうです。

2009年03月29日

およそ4メートルのテスト走行

前回の写真↓
ドリーム交通モノレール0040.jpg
と違い、今回の写真は軌道桁も橋脚も、
そして支承・電車線もすべて接続された状態で並べられています。

ドリーム交通モノレール0044.jpg

この状態で動力車を軌道に乗せ、テスト走行を行いました。
ある程度長い距離での走行は初めての事で、いくつか改良すべき点も見つかり必要な部品を後日用意することとして、取り急ぎ1編成分の改良を行いました。

そしてテスト走行の様子の動画もアップしました。
暗い部屋での模型の動画撮影、フォーカスが合わなかったり画面がぶれている等々、どうがご容赦ください。


いよいよ暫定車体の製作に取り掛かります。
最初の図面とは別に動力床板に合わせた車体図面を書き直す予定です。

[Go to TOP]

過去ログ