カテゴリメニュー(Contents)

2009年07月02日

また浮気を…

ご無沙汰しています。m(_ _)m

このところパソコンに向かってばかりで実際の工作はまったく手をつけていません。
そんな中、少し気晴らしでもと思い、BVE用の大船線の路線データを作っていました。
とは言っても、このテのデータ作成も全く経験が無く、データの作り方をあれこれ検索して、やっとの事で作ってみたのがこの有様です。

ただただ、路線データを打ち込んだだけです。
線路の形状や周りの景色、ホームや信号、緩和曲線、緩和勾配…
そして車両特性…
覚える事がたくさんあり過ぎて先の見通しが立てられません。
でも、自分自身は結構楽しんでやっています。

そんな愚作ですが、いくつか画面をキャプチャーしましたので、ご笑覧ください。
どうぞくれぐれも想像の翼を大きく広げてご覧下さい。m(_ _)m

BVE01.jpg
まずは起点がドリームランド側と言う事でドリームランド駅っぽい様子。

BVE02.jpg
ランド坂の100パーミルっぽい勾配をそろそろ…と下って行きます。
ここで速度を上げてしまうと県道を越えるあたりのカーブで車体が大きく揺れてしまいます。

BVE03.jpg
ウィトリッヒの森の90パーミルの登り勾配っぽいところ。
走らせている車両は113系のデータをそのまま使っていますが、手前の駐車場らしい区間からフルノッチを入れないと登りきれません。

BVE04.jpg
国道1号線を超えて小雀信号場の入場信号があった所っぽい場所。
目の前に、いわゆる「雀落し」っぽい急勾配が見えます。

BVE05.jpg
小雀信号場から小雀浄水場に向かう所っぽい場所。
113系で300Rのカーブは結構キツいです。

BVE06.jpg
七曲っぽい場所。
民家もなければ森もありませんが…汗

BVE07.jpg
面谷戸っぽい場所
下り勾配で加速しないとその先の登り勾配を登りきれませんが、速度を落とさないと電車が激しく揺れる場所です。

BVE08.jpg
長尾台町から岡本一丁目に向かう所っぽい場所
ここの60パーミルの連続勾配はかなり距離が長く、大船駅っぽい場所からバックで登ってみると電車は全然加速できません。

BVE09.jpg
大船駅ホーム進入っぽい場所。
駅に到着しても線路はずっと先まで続いています。
線路を切るコマンドをまだ知らないもので…汗

今回の路線データは国土地理院で公開されている地図に衛星写真を等倍で重ね合わせ、線路部分を地図に書き写して割り出した数値に、一時期ネットで公開されていた大船線の資料を加味しておおまかに作り上げたものです。なにぶん自分のアレンジが大きく入っているため、実際の路線を忠実には再現できていません。

このてのデータを作り慣れている方から見れば、とんでもなくお粗末なデータですが、模型にしろシミュレーションデータにしろ、無いものは作るしかないと言う事で、せっかくですから楽しみながら形にしている今日この頃です。
posted by Wada at 22:38| Comment(0) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

BVEの続き…

すみません、前回に引き続きBVEの話です…


事の始まりは小雀信号場のレイアウトをあれこれ考えていたのですが、実際の線路配置を衛星写真などから割り出していた時に、結局全線の線路の様子をある程度算出していたのです。
もちろん、ネットで公開されていた資料も参考にさせていただいています。
自分の作っている模型をどこまで作ってみるか…
その到着点も考えていました。
ざっくりと考えていたのは車両と少しばかりの軌道、そして駅と交換所までは何とかして、勾配や情景を含めた全線に渡る模型での再現までは行わないと言うことです。
そして模型では再現できない部分をシミュレーションゲームで仮想的に再現し、大船線がどのような路線だったのかを思い巡らす事にしたため、BVEを少しかじってみたのです。


てなわけで、前回に引き続き今回は大船駅からドリームランド駅までのキャプチャー画面をアップしてみます。
相変わらずド素人の作ったデータなため皆様の想像力が頼りの画像です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

BVE10.jpg
まずは大船駅の出発っぽい場所です。
線路はいきなりカーブしています。

BVE11.jpg
「ドリームランド モノレール直通8分」と書かれていたあたりを通り、延々と続く60パーミルの登り勾配っぽい場所を走っています。
60パーミルといえば鉄道ではまさに碓氷峠。実際には行われなかった自力走行をモーターをうならせながらゆっくりと登って行く様は少しだけダイナミックな感じがします。

BVE12.jpg
玉縄-田谷町あたりっぽい場所。
住宅の裏と崖の間を走るあたりだそうですが、60パーミル勾配きまだまだ続いています。

BVE13.jpg
面矢戸と呼ばれている所っぽい場所。
周りの景色がまったく無いのでスリルよりも物足りなさの方が高得点を取っています。

BVE14.jpg
そして七曲っぽい場所に出ました。
路線はまたこの先で80パーミルの登り勾配になります。
・・・・・箱根登山鉄道・・・・・・ですね…。ww

BVE15.jpg
勾配を登りきり、左側に浄水場、右側に変電所…っぽい場所に着きました。信号場はうもすぐです。


BVE16.jpg
信号場通過っぽい場所です。
2番線に対向列車を置きたいところですが、その前にやることがたくさんあります…

BVE17.jpg
作業車留置線もなんとなく…

BVE18.jpg
そして雀落しっぽい場所。
BVEの路線データは1ブロック25メートルで構成されているらしいのですが、大船線の場合は基本が20メートルなので、緩和曲線や緩和勾配などでちょっとやっかいな感じがします。

BVE19.jpg
原宿あたりの民家スレスレに走るところっぽい場所です。
ご近所の江ノ電だって人ん家の玄関の真ん前を走っているのになぁ…
地域に密着したモノレールの姿を見たかったものです…


BVE20.jpg
ウィトリッヒの森の横の90パーミルの下り勾配っぽい場所です。
自分も森の小路を歩きましたがかなり足元が悪く急な山道でした。
モノレールが走っていた場所は完全に自然に返っていました。

BVE21.jpg
ランド坂の登り勾配っぽい場所。
犬山モノレールの勾配も結構急でしたが、ここはもっとすごいですね。

BVE22.jpg
そしてドリームランド駅っぽい場所に到着です。
お粗末さまでした。m(_ _)m


で、肝心の信号場ですが、今のところこんな感じでデータ上で配置を検討しています。
kosuzumeplan.jpg
実際にデータを並べてみると、橋脚を作る際にあらかじめ対処しておくべき部分が見えてきたりするので、この作業はいくつかパターンを変えて繰り返して行きます。
これこそ本当にシミュレーションですネ…

ではではm(_ _)m
posted by Wada at 02:32| Comment(2) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

よそモノ…?

大船線のモノレールを作るブログを立ち上げたはずですが、最近は羽田のモノレールにも通っています。
モノレールを被写体にしてある写真を撮るために。







0059.jpg
Tokyo Monorail type1000
この車両も登場して20年経ちました

でも、よそモノって言い方はいけませんね…

大船線には「ドリモノ」と言う立派なニックネームがあるのですが、羽田のモノレールには何かニックネームがあるのかしら…
すみません、真面目に調べてないのでわからないです。

さて、肝心の大船線の模型ですが今はこんな感じのモノを作っています。
0060.jpg

写真だけ見るとずいぶん前の写真に見えてしまいますが、実はこれ、つい先ほど作った物です。
今まで材料を紙で作っていましたが、これの材料はプラ板です。

モノレールの車体はもちろんのことですが、プラ板を自由に切ったり曲げたり出来る方法と技量が身につけば、車体に限らず様々な部品を作ることが出来るので、そのプロトタイプとして、手近なところで車体外形を切り出してみた訳です。

自分の中での回答はまだ出ていませんが、それを導き出す様々な過程を楽しみながらモノ作りを続けています。
その中に「羽田のモノレールに接すること」ももちろん含まれています☆
写真も近々にアップします。

ではでは

2009年07月15日

小雀っぽく

0061.jpg


本日は仕事が早く終わったので、帰宅してから信号場の橋脚を作ってみました。
実際のものとは多少異なる事と思いますが、まあいい感じかな…☆
粗も目立ちますが見なかったことにしてくださいm(_ _)m



0062.jpg
まだ1つだけですが少しずつ数を増やして行きます。
ポイントの製作はまだ先かな…

ではでは、どうぞ熱中症などには気をつけてお過ごし下さい。

2009年07月19日

小雀っぽく(なって来てます)

信号場の橋脚、作り始めています。
0063.jpg

まずはホームのあった部分と信号機があった部分を作りました。
この先にいよいよ転轍機部分の製作に入るのですが、まだ橋脚の構成図面すら書いていません。


0064.jpg

車両を乗せるとこんな感じです。
紙で作った暫定車体、夏本番に入り少し湿気の影響を受け始めています。
ちゃんと塗装しないと傷みは早いですね…

ではまたm(_ _)m

[Go to TOP]

過去ログ