カテゴリメニュー(Contents)

2010年01月01日

あけましておめでとうございます

新年 あけましておめでとうございます

20100101-tokyotower01.jpg

皆様におかれましてはよい新年をお迎えになられた事と存じます。
本年も相変わらずマイペースで「モノ作り」を進めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

20100101-tomono01.jpg
元旦の東京は晴天に恵まれ、とても清清しい朝を迎えることが出来ました。ワタクシは羽田モノレールの写真の撮り初めに出かけ、工作へのモチベーション・・・いわゆる「モノの気」を身体にたくさん吸収して来ました☆

本日撮りました写真は、追ってご紹介させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。
posted by Wada at 22:08| Comment(0) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

転轍機のプロトタイプ(叩き台)

しばらく時間が開きましたが転轍機の状況です。


最初の計画では軌道桁を動かす動力部分を実際の通り
機械室の小屋の中に入れてみようとずっと考えていました。
ところがある日「ふっ…」っと違う考えが頭を横切り
動く軌道桁の支点となる橋脚に埋め込んでみたらどうだろうか…

な、思い付きで出来上がったプロトタイプ(叩き台)がこれです。

0095.jpg

機械室の中に動力機構を入れると、モーターの回転運動を反復運動に転換させる必要があります。機構のアイデアは出てくるもののどうにも手が進まず、具現化まで至りませんでした。

モーターの回転運動をギアで減速するだけなら平板に穴を開ければ形になるので、それでまず作ってみたのです。
0096.jpg

実際に軌道桁を動かしてみたところ、自分の求めていた動きに対して満足度3〜4割ほど。まだまだ調整の余地があります。
テスト用のレールも底面が穴だらけになり、再度作り直したほうがよさそうです。
0097.jpg

最終的には右隣の橋脚に半分ほど埋め込まなければならず、さらなる小型化が必要です。

ではまたm(_ _)m

2010年01月07日

年明けの東モノ

新年を迎えて早速モノレールの写真を撮ってきました。

tomono20100101-0000a.jpg

浜松町
JRの電車の発着の喧騒のなか、少し耳を澄ますとモノレールの転轍機の動く低いトーンの動作音がかすかに聞こえてきます。
モノレールのポイントって…やはり大掛りなんだなって思います。


tomono20100101-0000.jpg

浜松町を出るとすぐに浜崎橋を越えて港区芝浦を通ります。
ここは港区の新浜公園。気をつけなければならないのは、このすぐ隣に大手電気企業があり、敷地が隣接しているため写真撮影についてはあらぬ誤解を受けないように注意が必要です。ガードマンに声をかけられたら「日立のモノレールを撮っています」とはっきり言いましょう。
本当は御宅んトコのモノレールが撮りたいんだけど…もうないし…

tomono20100101-0003.jpg
水面に映るモノレール…
東京だなぁ…

tomono20100101-0001.jpg

tomono20100101-0002.jpg

でもね。レールの隙間はフィンガープレートの守備範囲を超えているのです。
なんかすごい…

tomono20100101-0004.jpg

tomono20100101-0005.jpg
バンクもすごい…

tomono20100101-0007.jpg
かなりいい色

tomono20100101-0006.jpg
青い空と青い橋

tomono20100101-0008.jpg

tomono20100101-0009.jpg
管理が行き届いた軌道桁…

tomono20100101-0010.jpg
やはり「がっ!!」でしょうか…

tomono20100101-0011.jpg
流通センター付近の橋脚は結構低く、モノレールをかなり間近で見ることができます。
※道路を走る自動車に注意して下さいね

tomono20100101-0015.jpg
夕方…

tomono20100101-0012.jpg
自然と心の中で「Ebony and Ivory」の旋律を歌ってた…

tomono20100101-0017.jpg

tomono20100101-0016.jpg
アップで撮影すると、大きな鉄桁の上部分がそのままレールになっていました。

tomono20100101-0013a.jpg
新築中の駅

tomono20100101-0014b.jpg
電車線敷設の作業車発見!!☆☆

tomono20100101-0018.jpg
今年の初富士は羽田で見ました


帰りの道すがら、レインボーブリッジの正月向けライトアップを撮影
tomono20100101-0019.jpg
丁度、盆のような月が出てきました。

tomono20100101-0020.jpg
手持ちでブレてます…

tomono20100101-0021.jpg
タイトル「ねぶた的な…?」

tomono20100101-0022.jpg
もう、完全に手ブレです。今度また三脚を持って撮ってみよう…


以上、お粗末さまでした

ではまたm(_ _)m

ラベル:写真 モノレール
posted by Wada at 22:54| Comment(0) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

動き出した転轍機

0098.jpg
長い時間がかかりましたが、ようやく転轍機が動くようになりました。
それでも完成度はまだ5割ぐらいでしょうか、調整しなければならないこと、解決しなければならない問題がまだたくさん残っています。

0100.jpg
前回は、橋脚の中に駆動装置を埋め込もうと考えてみたのですが、結局機械室の中に駆動装置を収納することで落ち着きました。
スプリング式のクラッチを装備してあるので、仮にモーターが回り続けても軌道桁は定位置を保持できるようにしてあります。

0099.jpg
レールはまだ仮のものです。ポイントの動きがまだ完全ではないので、ほぼ完成の状態になったときに鋼製桁(っぽいもの)に取り替える予定です。レールは既に出来上がっているのですが…

0101.jpg
どうでしょう…
自分は実際の信号所を見た事がないのですが、雰囲気は出ているのでしょうか…


最後に動画です。
動作音がなんともチープですww
実際の転轍機は切り替えにかなり時間をかけたそうで、自分もそのスローアクションをそれらしく再現したかったのです。
(実はこれでもまだ速いのです)
時々「カチッ」っと聞こえますが、スプリングクラッチの動作音です。



ではまたm(_ _)m

2010年01月17日

映画2タイトル

先日、映画のDVDを2本購入しました。

タイトルは「歩け走るな!(WALK, DON'T RUN)」と
「華氏451(Fahrenheit451)」
DVD001.jpg

これらは合衆国モノレール協会のサイトでモノレールが映っている映像として紹介されていたもので、どちらも1966年の作品です。
(リンク1)(リンク2)


「歩け走るな!」は1964年にオリンピック大会が開催された東京を舞台に英国人が繰り広げる珍事をコメディタッチな仕上りで描いた作品です。
どちらかと言うと当時の東京の様子や日本人の文化や印象を西洋に紹介するための映画と言う感が強く、60年代の東京の街の映像がふんだんに出てきます。
問題のモノレールの映像はオープニングにほんの数秒、わずか1カットですが、浜松町駅に向かう6両編成の車両が映っています。当時は世界貿易センタービルもない時代の浜松町で、東京の空が今と違ってとても広々としています。

モノレールが映る映像は1カットしかありませんが、それを補う以上の東京の景色、和光の前を走る都電、当時の自動車など、見所満載の作品でした。
あ、それとスタートレックのズールー(ジョージ・タケイ)も出演。作品ではエンタープライズ号の操縦はせず調書をとっていました。


さて、もう1つの作品。
「華氏451」はレイ・ブラッドベリ原作の近未来を描いたSF小説を名匠フランソワ・トリュフォーの監督により映画化された傑作です。内容的にはアンドレイ・タルコフスキー監督の「ストーカー」にも通じるゆったりとした映像の流れがあり、ヨーロッパ映画の感覚をたっぷり味わうことが出来ました。(でもユニバーサル映画社製作ですww)

この作品に出てくるはフランスのサフェージュ式(懸垂式)の実験線モノレール。
これは名古屋の東山動植物園に保存されている懸垂式モノレール(Google画像検索)のオリジナルで、未来の交通機関として作品の中に何度も出てきます。

正直言って、名古屋に保存されている車両の写真を見ても大きなときめきはなかったのですが、映画の中に出てくるオリジナルを見て「かな〜りカッコイイ☆」と感動してしまいました。いつの日か心を新たにして名古屋の東山に行きたいと思います。

作品に出てくるモノレール、さすがはサフェージュ式のオリジナル。走行音は湘南モノレールと同じくカランカランと走っていました。
興味がありましたら一度ご覧になってみてください。

2作品ともDVDは発売終了になっていますが、
AmazonでUsed DVDが販売されています。



ではまた m(_ _)m
ラベル:モノレール 映画
posted by Wada at 19:46| Comment(2) | Collectibles(コレクション) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

移動軌道桁への導電

0103.jpg

何とか動くようになったモノレールのポイントですが、
最近は左右に動くレールへの通電方法を考えていました。

あれやこれやと考えが行き詰まると、自分はすぐに布団に入ってしまいます。
それでも翌朝「ふぅ〜っ」っとヒントが思いついたりするんですよね…☆(毎回ではありませんが)

とりあえず今週も東〇ハンズで材料を仕込んできました。
このモノレールを作るにあたって一番通っているのが
近所のDIY。
で、次に通うのが東Qハンズ。
その次が画材屋さん…

それにしても〇急ハンズは駅から遠くて大変…
もっと近くにあったらなぁ〜って行くたびに思います。
中には駅から近い〇Qハンズもあるのですが、あいにく品揃えに限界があって…

今日は少し愚痴っぽいかな。

とりあえず材料は揃えたので、あとは形にするだけです。
が、そこがまた…なかなか進まないのでありますです、ハイ。

すみませんm(_ _)m

PS.週末は仕事で名古屋です。

[Go to TOP]

過去ログ