カテゴリメニュー(Contents)

2010年03月14日

横濱ヲブラリ

古い新聞をスクラップするために横浜に行ってきました。
0112Y.jpg

特に横浜である必要がないかと思われるかも知れませんが、自分のモノレール模型に使っている電車線(電力を伝える部分)のパーツメーカーが横浜にあるため、部品の調達もかねて横浜に出かけたのです。

0113Y.jpg
聞くところによると、神奈川県庁の食堂は安くてボリューム満点だそうです。
今度いってみよう☆

横浜の街の広さは何とも絶妙な規模で、部品メーカーや様々な資料館が、ほとんど徒歩で移動できる距離なのです。
本日スクラップした記事の中から、ちょっと気になったものをご紹介します。

まずは朝日新聞1965年1月23日の記事から
京成電鉄の成田駅前から成田山新勝寺までを結ぶ2.4kmのモノレール路線の免許申請を運輸審議会が認める答申をしたという記事。
よく読むとそこには「ロッキード方式」と書いてあります。
岐阜(のちの向ヶ丘)でロッキード式の試作車が作られたのが1962年、時代の流れが変っていたら向ヶ丘に走っていた車両が実は成田で走っていた???
それとも姫路で走っていた車両が成田で走っていた???
なんて空想を巡らす事ができる興味深い記事でした。


次に朝日新聞1965年8月26日の記事から

新宿伊勢丹の屋上にある遊戯用モノレールが故障したと言う記事。
伊勢丹の屋上にモノレールが存在したって事も驚きなのですが、写真をよく見ると、その車体の格好がどうみても奈良ドリームランドの初代東芝型によく似ている感じがするのです。
コルゲート付きの車体、そして裾部分のとりまとめ方、まるで初代東芝型です。

ちなみに奈良の車体はこんな感じ。
朝日新聞1961年6月6日の記事より。

元々ドリームランドのモノレールも有名なモノレールの模倣であるとかないとか・・・
そんな奈良のモノレールもさらに模倣される・・・
何でもありで大らかな時代だったのですね〜ww


今回は一社の新聞記事から調べてみましたが、時間をみて他の新聞も調べたいですね。


「姫路にあったもう一つのモノレール」
屋上遊戯モノレール(と言う際限のないカテゴリ)にまで調査の裾野を広げるつもりはさらさら無いのですが、先日、古い鉄道雑誌を見る機会があって、鉄道ピクトリアル1965年3月号の中から1964年11月に撮影した姫路駅のホームに停車している電車の写真があり、背景の駅ビルの上に懸垂式モノレールがちっちゃく映っているのを見つけてしまったのです。撮影した年月から姫路市営モノレールよりも先に走っていたことになります。
この駅ビルは今でも現役で、もう少し早くこの写真を発見していたら、先日の姫路紀行でも間違いなくチェックしていた場所だったのですが・・・・
また行く事があればぜひ痕跡でもないものか見てきます。


さて、話は横浜散歩に戻りまして・・・
0115Y.jpg

横浜歩きは本当にワクワクします。

0116Y.jpg
開港以降の近代建築が至る所にあり・・・

0114Y.jpg
ここは宝の山です・・・ネ☆(多謝多謝)


次に馬車道にて
いわゆる「高低差」を撮影したつもりですが、
0117Y.jpg
小さなデジカメではこれで精一杯です☆
このすぐ近くにある神奈川県立歴史博物館でちょっとした特別展が催されていたので立ち寄ってみました。

そこで販売されていたとても素晴らしい建築図面集(解説つき☆)
0118Y.jpg


丁寧な解説が素晴らしい図面とともに綴られています
0119Y.jpg


いやぁ、本当にお腹がすいた

模型の部品を調達した時に、そこの主人に聞いたお店で遅い昼食をとることにしました。
0121Y.jpg
そば処「利休庵」 関内駅からすぐ

そこで頂いた「冷やし利休」
0122Y.jpg

蕎麦汁は江戸風にかなり近い感じでしたが、蕎麦自体が細く繊細で、独特の風味を醸し出していました。
0123Y.jpg

とっても美味しかったですョ☆

ではまたm(_ _)m
posted by Wada at 00:55| Comment(4) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

一日一本

現在、転轍機の移動桁に電車線を取り付けています。


0124.jpg
初めの頃に作った軌道桁よりも電車線を固定する鋲の数を増やしてみたのですが、思った以上に時間がかかるようになってしまいました。

0125.jpg
でも、このレールを取り付けないとワタクシのモノレールは走らないので・・・(^^;;

2箇所の転轍機を作るために必要な移動桁は4本、一日に一本の割合で電車線を取り付けています。

0126.jpg
本日で3本目の移動桁にレールを取り付けました。
電気的な配線などはこれからの作業になりますが、早くポイントを通過するモノレールを見てみたいですね☆

ではまたm(_ _)m

2010年03月25日

調整段階です

橋脚を数本、高さを低くするために切断しました。

0127.jpg


このところずっと製作が続いているポイント部分に起動桁を接続するため、高さを揃える必要があったための改造です。
0128.jpg


ポイント部分の電気的な配線も先日の連休でまとめあげ、一応の動作確認と車両の走行確認までできるようになりました。
ただ、ポイントの両側にレールを接続して一通りの通過確認がまだ出来ない状態なので、とり急ぎ過去に製作した橋脚を切断することにしたのです。

0129.jpg
哀れ、切断された橋脚の根元部分。
実際の橋脚も解体された時にこんな姿を見せていたかしら・・・



0130.jpg
実は今、家の中がかなり散らかっています。
転轍機を制御するためにあれこれと機材を揃え、小さな部品とは言え、それらの殆どを通販で揃えたため、梱包箱と緩衝材が部屋を占拠しているところです。
それらを何とかして撤去させて広い場所を確保したのち、動画でポイントを通過する様子をご覧いれたいと考えておりますです、ハイ☆

しかしながらこの先しばらく週末は予定がぎっしりで、なおかつ4月には再び山形遠征のスケジュールが入っています。


一体いつになるのやら・・・・・


どうか長い目で見てやってください。

ではまたm(_ _)m

2010年03月28日

ようやく交換(すれ違い運転)ができるようになりました

とりいそぎ写真を一枚だけ貼っておきます。

0131.jpg

2編成目の予備車両を動く状態に調整し、転轍機も調整して、ようやく交換運転(電車同士のすれ違い)が出来るようになりました。
しかし、まだ安定した走りが出来ず、もう少し調整が必要です。
本日の工作はここまで。

いやはや、ホントに日々試行錯誤です☆


ではまたm(_ _)m

[Go to TOP]

過去ログ