カテゴリメニュー(Contents)

2010年05月06日

Hammond C3の続き

ちょうど一ヶ月前、HammondC3の格好をしたiPhone用のスタンドを設計している記事を書きましたが、ようやく図面が出来上がりました。
このプロジェクトは自分は図面を書くまでのところで終了と言う事で、材料の調達と組立は友人にやってもらうことにしました。
その分、材料を部品として加工する手順書や、部品を組み立てる手順書など、モノレール作りでは作っていないデータも作成してあります。
HammondC3-iPhone-2.jpg

果たしてうまく完成するか・・・・
ちょっとだけハラハラドキドキしながら図面を発送してきました。
posted by Wada at 23:42| Comment(0) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

5月分をまとめて報告

「戸塚ヲブラリ」

watertower_harajuku.jpg

最近は色々と用事が重なり、工作部屋に入れずにいました。
とは言え、先日のゴールデンウイークも戸塚の風を感じに
現地まで出かけていました。
写真の給水塔は、いわゆる「雀落し」のすぐ横に建っている住宅用のものです。
何も無い土地にモノレールが敷設され、そのあと宅地化が進み団地用にこの給水塔が建てられたのです。
結局この給水塔は列車の来ないレールを最後まで見守り、今も立ち続けている・・・

なんて感じの歌もあったりしましたね。




omokageyato.jpg
雀落しほど強烈なインパクトを持つ写真は残されていませんが、実は一番ダウンフォースがかかったとされる面谷戸バス停近くのこの場所も、レールが無くなれば普通ののんびりとした景色が広がっています。


いっぽう、ドリームランド跡地では相州春日神社を再訪。
DreamMonorailRecollections019landshrine.jpg
ここでは神の使いと言われる鹿が飼われているとの事で早速鹿煎餅を購入。
しかし、その鹿煎餅が、いわゆる「サラダ煎餅」で、人間が食べてもかなりォィシィ☆
rice_cracker_for deer.jpg

しかし、鹿にとっては塩分濃くないのかなぁ・・・・

と、心配するも煎餅を持って鹿のいる場所に行くと、みるみる大勢の鹿さんたちがやってきて、結局一頭に一枚ずつあげても足りないほどでした。

それなら大丈夫かな・・・・ww

鹿さん達におやつをあげていたら自分もお腹が空いてきて、小雀浄水場近くのラーメン屋さんで昼食。
kosuzume_ramen.jpg

ここは地鶏玉子を扱っているとの事で追加で茹玉子を頼みました。
今度は生卵をたのんでみます。

終点大船駅の近くに長尾台と言う町がありますが、そこには町の名前に関わる史跡があり平安時代の武将、長尾氏の名前が由来しているとの説明書きが建てられています。
nagao_fortress.jpg
そして近くには御霊神社が建立され長尾氏が祀られているとの事で、せっかくの事なので訪れてみることにしました。
goryo_shinto_shrine.jpg
住宅地と農地の境にひっそりと神社がありましたが、とても閑静な場所で仰々しさなど微塵も無い素晴らしい神社でした。

もう一箇所、田谷の洞窟と言う場所が前から気になっていたので今回行ってみる事にしました。
taya_cave.jpg
洞窟は真言宗のお寺の中にあり、一般公開されています。
ただし洞窟内は撮影禁止、中は岩盤を縦横に掘られた洞窟の壁面や天井にありがたい仏様のお姿が彫刻され、ある種昔のアミューズメントのようにも感じられました。いやいや、修行の場所です、ここは☆

今回も大船線の跡地を全線にわたり訪ねてみましたがその殆どが宅地化や私有地化しているため、ネットでの公開は控えました。興味のある方はGoogle Street viewでご覧になられる事をお奨めします。




で、本ブログのメインの模型ですが、本日、少しだけいじってみました。
bus_bar_prototype002.jpg

前に軌道桁の色の塗料を調合したのですが、それを橋脚の試作品に塗装してみたのです。
どうやって塗装でコンクリートのザラザラ感を出そうかと考えたのですが、季節柄空気の湿度も上がってきたので、その湿気を利用して敢えて気触らせてみたらどうかと言う事で試してみたのがこれです。

結果は上々・・・・・と、言いたいところですが、どう見ても「湿気かぶれ」にしか見えません。

試しに看板をこしらえて貼ってみました。
bus_bar_prototype003.jpg

そのアップ
bus_bar_prototype004.jpg

屋外で撮ると逆光が・・・・・汗


で、家に戻って撮り直してみましたが・・・

bus_bar_prototype005.jpg
いい感じでコンクリート肌になっている「気がする」のですがww

bus_bar_prototype001.jpg

現存する柱に付いているような街灯っぽいものも付けて、試作品の橋脚が立派な(?)フィギュアに化けました☆


ではまたm(_ _)m
posted by Wada at 19:37| Comment(0) | 雑記(Essay) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

@nifty:デイリーポータルZからの取材

29日の土曜日、「デイリーポータルZ」の取材を受けてきました。

実はワタクシがかなりリスペクトしているサイト「東京エスカレーター」を開設している田村美葉さんが@nifty:デイリーポータルZでも記事を書かれていて、今回、ワタクシのモノレールの模型を記事にしたいと言う、とても有難いご連絡を頂いたのです。

取材場所としてセッティングして頂いた場所は浜松町。何と羽モノのお膝元で、駅の近くにあるデザイン事務所のイベントスペース。
ちょっと秘密のアジトっぽい場所にあるのですが、中に入るととてもお洒落でかっこよくて、ココは絶対夜に来るとイイ感じと思いました。

取材についてもとても丁寧に進められ、田村さんの人となりがよく伝わってきました。

0135.jpg
山形に続きドリモノは浜松町にプチ出張☆

0136.jpg
橋脚ごしにモノレールを熱心に撮影される田村さん。

でも、モノレールの模型を作る楽しみを感じていただくためには実際に遊んで頂くのが一番と言う事で、この後実際にモノレールを操縦していただきました・・・・。

本当はもっと線路をたくさん作って思いっきり楽しんで頂きたいのですが、ワタクシのモノレール、まだまだ先が長いのでアリマス。


LINK:
◎「@nifty:デイリーポータルZ
田村さんから頂いた資料によりますと
・月間来訪者数:約80万人
・月間総アクセス数:約2000万
・おもな読者層:20〜30代の男女

いやぁ、すごいすごいっ!! サイトの中は面白ネタ満載です☆

◎取材場所「Salon De Loop」(実は高架橋脚ファンクラブの書記長の事務所。ただしお店ではないのでフラっと行っても入れません☆)

◎そして今回の取材の仕掛人「東京エスカレーター 田村美葉さん
ありがとうございましたm(_ _)m



いやぁ、日立モノレールのお膝元で東芝モノレールが走るなんて・・・
ちょっと感慨を覚えてしまいました。

ではまたm(_ _)m
posted by Wada at 20:17| Comment(4) | メディア紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

目がぁ〜っ!!

記事タイトルを見て、白井さんを思い浮かべた方は立派なサクサカー☆☆
増田さんを思い浮かべた方は相当のサクサカー☆☆☆
かく言うワタクシも少しばかりサクサカーです☆


で、なぜこのようなタイトルにしたかと申しますと、
0132.jpg

電車にとって、ヘッドライトを「目」に例える場合が多く、ご覧の通り、自分の模型にはヘッドライトがありません。
人物画や人形製作でも「目入れ」はとても重要な作業。
その「目」をどうやって形にしようかと言う所で、自分の考えがまだ固まっていないのです。

とりあえずですがモノレールは走るようになり、ポイント切り替えもなんとか形になりましたが、試行錯誤の第3章を迎えるにあたり、今まで避けてきた作業に向かい始めました。

「目がぁ〜っ!!」
一体どんな形になるのか皆目見当がつきません☆


m(_ _)m


[Go to TOP]

過去ログ