カテゴリメニュー(Contents)

2011年07月14日

日帰りで九州出張

ご無沙汰していました。
ブログがなかなか更新できず申し訳ありません。

先週のことですが、日帰りで九州、小倉まで仕事で出かけてきました。
0529.jpg
羽田空港の国際線ターミナルが開業して、もうずいぶん経ちましたが、AAの機体を見て自分自身もようやく実感しています。
手前の機体は、これから搭乗するスターフライヤー航空のA320。自分は「シャチ」と呼んでいます。

0519.jpg
以前、この機体に搭乗した時はバスで駐機場所まで行き、タラップを上がって乗ったのです。
今は直接乗れるので随分楽になりました。

0527.jpg
0528.jpg
この画像は開業前のD滑走路を見学するバスの車内から撮影したものです

今回、初めてD滑走路からの離陸を体験しました。
機体は海上の滑走路から発進し、加速中に埋立地上の滑走路に移るのですが、途中の継ぎ目部分でガタンと大きなショックがあり、乗客に何か言いたげな滑走路だと言う事が判りましたw

この日も東京は猛暑。
そして九州は豪雨・・・・

0520.jpg
小倉駅!
モノレール!
でも仕事!!
仕事で来ているため一人ではない・・・・・

後ろ髪を惹かれつつこっそり写真を一枚☆
0521.jpg
しかし松本零士の車両はどこにでもいるなぁ・・・・

午前中に小倉入りし、現地での仕事は午後からだったので、昼食の時間がとれたので、せっかくならばと言う事で、門司港まで足を運んで名物の「焼きカレー」食べることにしました。
0522.jpg
さすが九州の玄関口の駅。趣がたっぷりデス☆

0523.jpg
この駅、前回来た時はスーパーカブで東京から走ってきました。
8月のお盆の時期でとても暑かったです。その時はそのまま九州を南下し、鹿児島からフェリーで戻ってきました。そのフェリー、確か伊勢湾あたりで座礁・解体されちゃってます。

0524.jpg
せかく門司まで来たので、お昼は三井倶楽部で頂くことにしました。

0530.jpg
ここは写真撮影OKでした。
とても趣があって立派な館なのですが、館内にオルゴールのBGMが流されたりしていて、なんだか清里あたりのよくある土産物店っぽかったです。

0525.jpg
頂いたのは「海鮮焼きカレー」。写真がおいしそうに見えないのはワタクシの技量不足です。

0526.jpg
デザートはバナナゼリーでした。
そう言えば「たらみ」って長崎の会社だったのですね。
行きの機内で流されていた九州名品を紹介するビデオで知りました☆


食事をとって
小倉に戻り
午後はきっちり仕事・・・
雨ニモマケズ、屋外での作業が続き
良い塩梅に濡れたところで作業は終了
そのまま先方の本社がある博多まで新幹線で移動します。

0531.jpg
いやはや・・こちらでは500系新幹線がこだまで走っています。
もう、東京には来なくなっちゃったのですが、新幹線の中では自分は好きな車両でした。

こちらも東京では見られない、九州の新幹線☆
0532.jpg
東の新幹線とも雰囲気が全く違うため、とても新鮮に見えました。

0533.jpg
それにしても、この日は雨が凄かったです。
確か新幹線も熊本より南は不通でした。


博多にある先方の本社にて打合せ
雨は益々強くなっていた
打合せが終わった頃には自分、もう電池切れ寸前・・・

でも、博多は本当に便利な街
何しろ博多駅から空港まで地下鉄でたった2駅
あっという間に到着しちゃいます。


0534.jpg
帰りの飛行機もスターフライヤー便
飲み物サービスで期間限定のシャンパン風味のノンアルコールドリンクがあり、下戸のワタクシにとって大変有り難い飲み物を頂いてきました☆

九州。一日で戻るには実に勿体無い所です・・・。
今度また仕事抜きで来たいものデス☆

ではまたm(_ _)m


タグ:九州
posted by Wada at 23:26| Comment(3) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

作り直した橋脚は

現在、塗装が終わって無事信号場の一連の橋脚の中に組込む事が出来ました。
走行テストでも問題ないことが確認できましたので、軌道桁も順次着色へと進めています。

レールの着色は少しすつ進めているのですが、その間にこんな物を作り始めました。
0515.jpg

不要になってしまった橋脚の下敷きになっていますが、プラットホームの天板部分です。


0516.jpg
橋脚と軌道桁をそれっぽく並べてみると、こんな感じになります。


さらに車体を・・・・
0517.jpg
廃車になった暫定車体もまだまだ活躍してくれます☆


0518.jpg
やはり、このアングルから見るのがイイ感じでしょうか・・・
自分もこういう雰囲気の写真をたくさん拝見させていただきました。

引き続きプラットホームの両端部分も作って行きます。

ではまたm(_ _)m



posted by Wada at 21:44| Comment(2) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

信号所の動画

信号所部分の部品がひと通り出来上がり、交換風景を動画にしてアップしました。


※動画は近日中にBGMつきの動画に入れ替わります・・・

どうしても室内の照明の色温度がカメラ向きではないため、色合いがかなりおかしくなっちゃってます。
ウチで撮るとどうしてもこうなってしまうのが難点・・・


どうぞご笑覧下さい...m(_ _)m


※写真を追加しました※



実はビデオを撮るときに少し写真も撮っていました。
せっかくなので、アップしますね。
0535.jpg

暖色系の照明のもと、車両の色も照明の影響を受けています・・・


0536.jpg
床に這いつくばっての撮影。かなりキツい姿勢で撮ってます。


0537.jpg
ホームに並んだドリーム号とエンパイア号。
実際にこの場所に登った経験をお持ちの方はどうぞ映像を重ねてください☆


0538.jpg
小さな模型ですが、ホームを出発するドリモノの姿をシミュレーションできたと思います。

0539.jpg
畑の中にあった信号所。

写真やビデオ撮影が終わったあと、この小さな信号場も早速解体・撤去されました☆
そうでないと歩きづらいので・・・ww

m(_ _)m




小雀信号所の実際の写真についてですが、ワタクシの中ではホームページ「台湾黄昏地帯」で掲載されているプラットホームの写真が、数ある写真の中で一番のお気に入りなのデス。
こちらで画像を貼ることは出来ませんので、掲載されているアドレスをご紹介させていただきます。
http://www.ilha-formosa.com/galle010.htm
の中の
http://www.ilha-formosa.com/photo/galle/lib01/galle516.jpg
この写真です。
とても幻想的な写真を撮るチャンスに恵まれた氏がとても羨ましいです☆


posted by Wada at 00:43| Comment(4) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

おおおおっ

Nゲージのメーカーからついにモノレールの模型(非動力)が発売されるみたいですね。
これは楽しみです☆

ポスターの写真
http://www.greenmax.co.jp/image/new_release/tokyomonore-ru-1000_poster01.jpg

メーカーのホームページ
http://www.greenmax.co.jp/

軌道桁もオプションで増やせるといいなぁ〜ww



m(_ _)m



※7月23日 記事追加※


本日、展示されている試作品を見てきました。
0540.jpg


うわぁ〜、ちっちゃいなぁ〜
0542.jpg

桁の幅も5〜6mmくらいでしょうか・・・
0543.jpg
ほぼ1:150スケール通りに作られていました。ただし支承は省略。
ゴムボンドで固定してあるところが、なんとなくロッキード式っぽくもなくもない・・・でした



それにしてもワタクシ、あまりに細かすぎて裸眼ではよく見えません☆

0551.jpg
一応、車体は1両ごとに分かれるみたいです。
ディスプレイモデルと言うことでしたので、やもすれば一体物かなとも思いましたが、大丈夫でした。

0552.jpg
雨水を樋で受け、車体の中を通して下に流す穴まで表現してありましたが、まあ、細かく作ってあること・・・

0544.jpg
底面は実車のカバー表現がなく、あえて台車を見せていました。

0545.jpg
一体どうやって作ったのか・・・ディスクブレーキの薄い円盤まで作ってあります。

逆に桁はあっさり目で
0547.jpg
どちらかと言うと奈良のドリモノっぽい雰囲気ww


0553.jpg
おまけパーツでしょうか・・・
桁をクレーン等で釣り上げるときに使う専用架台までありました。


要するにこう言う情景のご提案なのかしら
haneda0004.jpg


模型の試作品を見て、またモノ写真を撮りたくなってきました☆
tomono20100101-0008.jpg

模型ショウ会場では、ほかにもこんなものが紹介されていました。

0548.jpg
海外で生産されているペースト状のバラストを、国内の模型メーカーが自社製品の線路と色調を合わせたオリジナルブレンド品を発注、日本のユーザー向けに販売するらしいです。

能書きはこちら
0549.jpg

こんな感じです
0550.jpg

鉄道模型のジオラマを作る方には、何かと便利なアイテムかも知れませんネ☆


m(_ _)m


posted by Wada at 20:25| Comment(6) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

新たなモノレールに繋ぎます

0301.jpg
かれこれ3年半ブログを綴ってまいりましたが、ドリームランドモノレールの模型作りとしてはおおかた区切りがついたものと思います。
今後の計画としては細かい部分のレールの補充と、長年ドリモノを追い続けて来られた方々へのささやかなお披露目をする予定です。

ここで一度、過去にアップしてきたモノレール模型の画像を振り返ってみます。

ドリーム交通モノレール0002.jpg
モノレール模型試作第一号
ぺらっぺらの紙工作で、妻面も取り付けていません。

ドリーム交通モノレール0003.jpg
モノレール模型試作第二号
一応、それらしくなっていますが、まだまだ紙工作の域を抜けていません。

ドリーム交通モノレール0004.jpg
モノレール模型試作第三号
紙の厚さを変えて作ったものです。妻面が付き、少しだけ「らしさ」が出てきました。

ドリーム交通モノレール0006.jpg
モノレール模型試作第四号
紙の厚さと妻面の形状を調整したものです。雰囲気としては今の模型に近くなり、寸法などはその後の暫定車体の基礎となりました。

レールとガイド車輪のプロトタイプ
モノレール模型試作第五号
プリンターで印刷した厚紙をそのまま箱にしています。実車の印象を思い浮かべたり、その後の走行機構の開発に大きく貢献しました。

ドリーム交通モノレール0047.jpg
暫定車体第一号
山形のお披露目を始め、長い間大活躍してくれました。後ろにある車体は製作失敗した車体だったのですが、転轍機を作ったときにすれ違い用編成として再利用されています。

ご存じかも知れませんが、実はサスペンションも効くんですョ☆




0060.jpg
モノレール模型試作第六号
車体の材料を紙からプラ板に変更し、試しに切り出した車体です。この車体はのちに完成されることもなく廃棄されました。

この段階でまだ2009年、このあと転轍機の製作に一年程費やしてしまいました。


そして2010年に入り、自分としてはきちんとした車体を作ろうと言う心意気の中、新たな車体作りが始まったのです。
0230.jpg


0234.jpg
正直言って、屋根の肩Rなど、実車の印象を再現出来きれなかった部分もあります。しかし紙工作と違い進捗を後戻りさせた場合になかなか元に戻れないこともあり、今回は相当な事がない限り進捗を戻さないことにしました。

0239.jpg
それでも、小物がつけば雰囲気は出るものですね☆

0287.jpg
その後、塗装工程に入り・・・

0286.jpg
インレタ等の飾り付けをして・・・・

0496.jpg
電飾をつけて完成と相成ったわけです。



改めて信号所の交換風景を御覧ください



そして現在、信号所の橋脚や軌道桁、そしてプラットホーム等のそれぞれの部品は手作りの収納箱に収められて、我が家の模型棚に保管されることになりました。
0554.jpg
こんな感じでAmazon箱も活躍しています。

0555.jpg
複雑な形状も仕切りのおかげですっきり収納☆

0557.jpg
長いレールも手作り箱で見事に収納☆☆

0556.jpg
面倒でも箱にはラベルを貼り付けます。これで何が入っているのか忘れても大丈夫☆☆☆
お披露目の時はこの箱ごとカバンに入れて持ち運べば大丈夫です♪


さて、冒頭にも書きましたが、ドリームランドモノレール模型の製作はひとまず区切りがつきましたので、これからは新たなモノレール模型の製作に移行致します。このブログを引き続き更新して行くかどうか考えたのですが、やはりブログのアドレスも新たに設定することに致しました。

新しいブログはこちらになります。

「日本万国博モノレールを作る」
http://expo70-monorail.seesaa.net/



また古いモノレールをとお笑いのことと存じますが、こちらもドリモノに負けじ劣らじと短命で活躍を終えたモノレールとなります。
のんびりマイペースな更新スタンスはそのまま引継ぎますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

長い間お付き合いいただきありがとうございました。m(_ _)m


Wada






posted by Wada at 21:55| Comment(4) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Go to TOP]

過去ログ