カテゴリメニュー(Contents)

2012年06月23日

プロフェッショナル


【おことわり】
この記事は番組放送前に作成し、番組放送終了後に自動的に公開されるように設定したものです。番組が放送された後の記事については、機会をみて検討します。






こんばんは

お気付きの方もいらっしゃることと思いますが
わたくし、バラエティ番組に出演する機会があり
その番組の放送がつい先程終わった所です。


この件につきましては番組の制作側の方から
放送前の段階での事前告知は遠慮して欲しいとお願いされていたため
ブログでの発表は差し控えていました。


もちろん、会社の同僚や親しい友人には「出るョ☆」と伝えてありますが。

0574.jpg
東京モノレールの本拠地「昭和島総合センター」
モノ好きとしては、ココに入れるだけでも感無量なのでありマス




番組制作側の方からコンタクトがあり、初めて打合せをしたのが一ヶ月ほど前。
番組の概要を説明して頂き、東京モノレールに関するクイズ問題を考えて欲しいと言う事でしたが・・・・
困ったことに番組を見たことがなくて・・・・・
いまひとつ何をどうしたら良いのかピンと来なかった、自分。



0575.jpg
こんな機会がなければ絶対に撮れない構図。
これだけでも充分満足☆




さらに、よくよく話を伺うと収録の日が私の住むマンションの臨時総会の開催日。
その他諸々の事情があり当日は終日マンションに詰めていなければならなかったのです。



「残念ですが・・・・・」




打ち合わせ初日はこの言葉で終わったと記憶しています。






0576.jpg
こういう場所では、先ず電車線の給電が「切」になっていることを確認。
この表示が万が一「入」になっていたら、そもそもこんな場所に立っているだけで危険な行為です。
今回は番組の収録と言う事で、特別に立ち入りが認められ、さらに安全帽の着用義務も免除されました。





数日後、再びスタッフから連絡があり、収録を夜にずらすのでぜひ・・・・との事




正直、心意気を感じました。




番組の収録にあたっては、大勢のスタッフが動員されるし、当然のことですが東京モノレール側の全面的な協力があってこその車両基地内での撮影でもあるのに、私ひとりの都合で収録スケジュールが丸々変更されると聞き、本当に忍びなくなりました。




とは言え、臨時総会等の予定も変えられない・・・・



そもそもの午後の予定が管理会社の不手際で住民に対する相談会のやり直しのためだったので、理事長としてその催しを見守る「必要」はあったものの、それはそれで「義務」ではない事を確認し、臨時総会で決議されたことに署名捺印し、可決された大規模発注に至るまでの手続きを無理にでも午前中に終了させるように、管理会社を始め各方面に強く要望を出し、ようやく午後の時間を収録にまわす事が可能となったのです。





0577.jpg
現役の車両に敬意を持ってタッチ☆
通常、こんな事をしたら捕まりますww






制作側の方からは収録は夜にずらしますと申し出ていただいたのですが、大勢の方に及ぼす影響が大きいこともあり、せめて午後の後半からスタートさせて下さいと、逆に私の方からお願いさせていただくことになりました。



収録までの二週間、前半の一週間はとにかくクイズの問題を考えることと、自分自身のためにモノレールについて改めて勉強する事に費やしました。そして後半の一週間はマンション管理業務と総会の準備そして管理会社への苦言の申し立て・・・・・




出来る限りを尽くし、出来るだけの結果を出そう・・・・




現地の収録の前に、何度か番組のディレクターの方とお会いすることもあったのですが、ディレクターのカバンの中にはモノレールに関する本や雑誌がぎっしり・・・・・
番組でモノレールを取り上げると企画された段階で、ディレクターの方もモノレールについて相当勉強をされていたようです。
実際、収録が終われば次のテーマに向けて新たな勉強が始まる・・・・
限られた時間の中で、それぞれがそれぞれの立場の中で力を注がれていることを痛感しました。


制作スタッフだけでなく、技術スタッフの方も一度しかチャンスがないような場面の映像や音声を確実に収録する。あたりまえのことをあたりまえに消化している。でも本当はプロでなければ出来ないことばかり。






0578.jpg
開業当時の日立ALWEG式台車と記念撮影。
まさかこのような写真が撮れる日が来るとは・・・・うんうん、感激☆




収録が終わってからは、自分はマンションの代表者として管理会社と何度も戦っていました。
日常の業務に対しては申し分ないサービスを提供されていたのですが、毎月の理事会へのサポート業務が明らかに疎かであり、支払った対価に対しての価値を見出せないと訴え続けていたのです。

番組放送の前日になって、ようやく管理会社からのけじめを付ける書面が提出されたため、ひとつの区切りをつけることが出来ました。





やっぱり愚痴っていますネ・・・・・いかんいかん
でも、いろいろホッとしています。


番組に出させて頂いたこと
東京モノレールの車両や設備を間近で見学させて頂いたこと
ワタクシのモノレール模型を放送に流して頂いたこと
すべてのご縁に感謝です
ありがとうございました

m(_ _)m




【追記】
モノレール社員代表の方のお嬢さん。
長い収録時間のあいだずっと立ちっぱなしで、それでも全然グズらずにお父さんを応援していました。
よく頑張ったネ、本当に立派だったですョ☆




posted by Wada at 22:35| Comment(10) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Go to TOP]

過去ログ