カテゴリメニュー(Contents)

2011年07月20日

おおおおっ

Nゲージのメーカーからついにモノレールの模型(非動力)が発売されるみたいですね。
これは楽しみです☆

ポスターの写真
http://www.greenmax.co.jp/image/new_release/tokyomonore-ru-1000_poster01.jpg

メーカーのホームページ
http://www.greenmax.co.jp/

軌道桁もオプションで増やせるといいなぁ〜ww



m(_ _)m



※7月23日 記事追加※


本日、展示されている試作品を見てきました。
0540.jpg


うわぁ〜、ちっちゃいなぁ〜
0542.jpg

桁の幅も5〜6mmくらいでしょうか・・・
0543.jpg
ほぼ1:150スケール通りに作られていました。ただし支承は省略。
ゴムボンドで固定してあるところが、なんとなくロッキード式っぽくもなくもない・・・でした



それにしてもワタクシ、あまりに細かすぎて裸眼ではよく見えません☆

0551.jpg
一応、車体は1両ごとに分かれるみたいです。
ディスプレイモデルと言うことでしたので、やもすれば一体物かなとも思いましたが、大丈夫でした。

0552.jpg
雨水を樋で受け、車体の中を通して下に流す穴まで表現してありましたが、まあ、細かく作ってあること・・・

0544.jpg
底面は実車のカバー表現がなく、あえて台車を見せていました。

0545.jpg
一体どうやって作ったのか・・・ディスクブレーキの薄い円盤まで作ってあります。

逆に桁はあっさり目で
0547.jpg
どちらかと言うと奈良のドリモノっぽい雰囲気ww


0553.jpg
おまけパーツでしょうか・・・
桁をクレーン等で釣り上げるときに使う専用架台までありました。


要するにこう言う情景のご提案なのかしら
haneda0004.jpg


模型の試作品を見て、またモノ写真を撮りたくなってきました☆
tomono20100101-0008.jpg

模型ショウ会場では、ほかにもこんなものが紹介されていました。

0548.jpg
海外で生産されているペースト状のバラストを、国内の模型メーカーが自社製品の線路と色調を合わせたオリジナルブレンド品を発注、日本のユーザー向けに販売するらしいです。

能書きはこちら
0549.jpg

こんな感じです
0550.jpg

鉄道模型のジオラマを作る方には、何かと便利なアイテムかも知れませんネ☆


m(_ _)m


posted by Wada at 20:25| Comment(6) | 日記(Diary) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番新しい車両も出してほしいですね。

無塗装にしたのはグリーンガム塗装とか
旧塗装を各自で再現してもらうため?!

モノレールの模型は廃線のほうが
嬉しく思うのは病気ですね…。
Posted by Yumetsukuri at 2011年07月21日 00:07
ジオラマなんかに置いたら
「えっ!」ってなる事は間違いないですねww
同じアルウェーグ式だから作ろうと思えば・・・
と思ってましたが作る気が・・・w

僕が買ってもキットを作ったこと無いので うまく出来るかが・・・
誰かが動力化しそう・・・
Posted by 伊勢中川 at 2011年07月21日 06:04
>>Yumetsukuriさん
1000形に人気があるのは、やはり座席配置に理由があると思いますョ。
電車に乗るときも横向きに座るのと前向きに座るのではモチベーションがかなり違います☆
無塗装の製品については複雑なカラーリングがコストにつながるからだと考えました。一応、塗装済みのキットも出るようなのですが、価格の差が大きいでしょうね。
あと、試作品の写真を見る限りですが、恐らく橋脚は改善の余地があると思いました。
見た目だけで作ると思わぬところで問題が出てくるので・・・
それともディスプレイモデルとしてあのまま製品化されちゃうのかな・・・
Posted by Wada at 2011年07月21日 20:52
>>伊勢中川さん
現在の東京モノレールはボギー台車を履いているので、そのまま模型化すると大変な事になってしまいますネ☆
名鉄モノレールの場合は純度の高いアルウェグ式なので、動力化もまだ楽だと考えます☆
それでも、今はZゲージや3mmゲージの鉄道模型のラインナップが増えてきたので、それらの動力装置を使って走らせる人は出てくるでしょうね。
自分もトライしたいですが、小さくて見えませんww
Posted by Wada at 2011年07月21日 21:03
鉄道模型ショウに行ったんですか!
僕は遠いのでいけませんが・・・
こんなにリアルだったんですか!
80分の1でも僕はここまで細かく作れないなぁ・・・w

僕はレールはトミックスしかもって居ないので関係ないですねww
でんぷんノリをバラストと混ぜて作ってしまった方が
安いと思うんですよw
Posted by 伊勢中川 at 2011年07月24日 01:21
>>伊勢中川さん
先日、リニア鉄道館に行ったときも、名古屋市内のデパートで似たような催しが開かれていました。
モノレールの試作品はリアルさを求めたらあんなに細かくなっちゃったって感じですが、残念ながら自分にはよく見えないほど細かいので、むしろ大変だったろうなぁと感心してしまいましたョ。
古い話になりますが、まだ昭和の時代に懸垂式のモノレールをNゲージの大きさで走らせている方とお会いしたことがあります。
当時、自分はモノレールに興味がなかったので、詳しいしくみ等は覚えていないのですが、古い模型雑誌でも跨座式モノレールの記事があったりしますので、やりたい人はもうとっくに手がけている分野でもあるのですよね・・・
バラストの件はさすが伊勢中川さんですね、工夫できる人はどんどんやっちゃってますよね☆
自分もまだまだ工夫が足りないことを気づかされましたm(_ _)m
Posted by Wada at 2011年07月24日 06:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

[Go to TOP]

過去ログ